トヨタが目指す『水素社会』は訪れるのか?EVユーザー視点で考える、水素燃料電池車の実現性《世界の電動化の波には抗えない》

1:管理人2021.04.13(Tue)

トヨタが目指す『水素社会』は訪れるのか?EVユーザー視点で考える、水素燃料電池車の実現性《世界の電動化の波には抗えない》って動画が話題らしい

2:管理人2021.04.13(Tue)

This movie

3:管理人2021.04.13(Tue)

高評価315wwwww

4:管理人2021.04.13(Tue)

最近水素発電系のつまらない動画増えてるからな

5:管理人2021.04.13(Tue)

なんでこんなに伸びてんの?
再生回数:13672
高評価:315
低評価:46
投稿日:07/05 10:30

ちな07/05 10:30時点での情報ねwww

6:管理人2021.04.13(Tue)

1回見たら満足しちゃったなあ

7:管理人2021.04.13(Tue)

This is description

つい先日、テスラがトヨタを抜いて自動車メーカーの中での時価総額ランキング一位に躍り出るというニュースが飛び交いました。
そこで、この動画では、他メーカーがEVにシフトする中で、トヨタが注力している水素燃料電池車(FCV)に注目して、私も所有している純電気自動車(BEV)とFCVのどちらが今後世界の主流になっていくのか、に関する個人的見解を説明します。

※BEVとはBattery Electric Vehicleで、純電気自動車のこと。ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車とは分けて使用される。

・前回の動画
↓トヨタが電動化に舵を切らない理由《BEVは既存エコシステムを壊滅させる》↓

Twitterは@EV_Native

8:管理人2021.04.13(Tue)

>>7 おつかれ。いつもありがと

9:管理人2021.04.13(Tue)

>>7 おつおつ

10:管理人2021.04.13(Tue)

>>7 ありがとう

powered by Auto Youtube Summarize

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA